効果抜群の英語学習【スピードラーニングで聞く英会話】

ネィティブ講師の増加

国際交流

学校の作りやすい環境

東京には、大小様々な英会話学校があります。その中でも、特に数が増えているのが、所謂ネィティブスピーカーと言われる外国人講師が運営する小規模の英会話学校です。東京の下町にこれほどまでに英会話学校が林立するのは、小学校の英語必修による影響も大きいと言われています。このような小規模の英会話学校の半数は、小学生以下の子供を対象としたスクールです。英語そのものは、中学受験には取り入れられていませんが、自分の子供が困ることのないようにという親心に火を付けたと言っても過言ではありません。こんな早期教育を考える親の層に受け入れられている面もありますが、多くの学校のコンセプトは、英語を楽しく学ぶということです。英語の歌やゲームを通して、自然と会話表現を身に付けられるような、授業の工夫が見られます。

会話教育の盲点

子供の頃からネィティブの英語に触れれば、会話の能力は格段に上がります。しかし、ここで注意しなくていけないのが、学校教育と英会話学校のレッスンの温度差です。小学校で英語が必修となったといっても、授業は教科書中心で行われます。東京の多くの英会話学校が行っている会話中心の授業が、そのまま学校の授業に生かせるかというと些か疑問です。東京にあるキッズスクールに通う子供の多くは、レッスンが楽しいと言います。しかし、学校の英語の授業は、それほど楽しく感じられないと答えます。英会話学校で学んだ事は、実践的で確実に役に立つ内容です。子供を通わせるのは意義があります。が、受験や成績アップの目的とは別に考えた方が得策です。